プランクトンのあしあと

海辺 (東ティモール#7)




a0162707_23352417.jpg


早朝、昨日までの疲れも眠気も引きずりのろのろ歩く

1分も歩けば、意識の底まで染み込む景色



a0162707_23363362.jpg


ゆっくりする時間がないなんて、なんて勿体ない



a0162707_23364934.jpg


眩しい



a0162707_2337661.jpg


これは朝食前に、ひと泳ぎするしかない



a0162707_23382273.jpg


ワニは島の南側に多く生息しており、北側のこの入り江では滅多に見ないらしい

安心して泳げる



a0162707_23384450.jpg


海底地形は単調だが、点在する珊瑚には小魚が一杯着いている

後から追いかけてきたJeff、足ヒレ付けた俺よりも泳ぎ速いし・・



a0162707_233926.jpg


朝食後、Jeffのミツビシでバスターミナルまで送ってもらった

Jeffはあのビーチが気に入り、ここにできるだけ長く居たいようだ

バスは小一時間かけて街を周回して客を集め、首都Diliに向けて出発した

屋根席は座り心地は悪いが、風も心地よく、耐えるだけのスシ詰めの車内より遥かにいい

バスは断崖の1本道を景気良く飛ばし、鶏の尾が風に激しくはためく

バス転落の可能性を考えると、飛び降りれる屋根席の山側が一番生存率が高いかもしれない



a0162707_23392035.jpg


海は澄んでいて、ウェットスーツのダイビング団体なんかも見かけた

急深の地形なのか、リーフエッジが見える

潮も走っているし、ここで釣りができたら面白そう

残る明日、釣りを成立させることはできるだろうか



a0162707_23392057.jpg


このシート、ヒトもつらいが、ヤギもつらい

たまにジタバタと体勢を変えている



a0162707_23393745.jpg


夕方、Diliに着いて、まずは宿探し

バックパッカー向けの唯一の宿は評判通り満室

しばらく彷徨って、ダイビングショップで船をチャーターする交渉をした

ついでに安くしてくれるというし、明日の寝坊も怖いので、そこで宿もとった

チャーターもダイブリゾートも、昨日までとは次元の違う贅沢

調度品の揃った広い室内で、蚊を倒し続けたが、20匹くらいで諦めた

どうも落ち着かない・・

とにかく、もう、明日だけ






<東ティモール>
[PR]
by satogie | 2013-10-23 23:35 | <東ティモール> | Comments(0)