プランクトンのあしあと

<   2015年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

赤目




いつかはと思っていたはずの夢

それはもしかしたら、今叶えられるかもしれない

夢の舞台まで3時間の近くにいるうちに

竿を握る感触にさえ感傷を感じるほどこの遊びから遠ざかっていたけれど

もの言わぬ新しい海を前に、一人で心細い気持ちになるけど

その価値あるものをを追い求めている間、自分が何か純粋なものであれる気がする

赤い目をした、幻とも呼ばれる魚



a0162707_2145485.jpg


この魚は、人間の居住地のすぐ近くにもいる

そして誰も見た事のない幻でもない

釣り人達は竿を振りながら、きっと確かに目の前を通り過ぎているであろうその魚を意識している

ある夜、

湾に溜まった水が出ていく、激しい流れがわずかに弱まった時、

近くに急に小魚達の気配が増したのを感じていた

それでも、唐突に手に衝撃が伝わった瞬間、やっぱり驚いてしまった



a0162707_2151613.jpg


夢見ていた時間が終わった

大きな個体ではないが、もう同じ気持ちでこの魚を追う事はない

それはどこか、さみしい



a0162707_211543.jpg


その特殊な構造により、光を当てると赤みがかって光る目

この国でしか釣れない、固有種

近縁種のバラマンディ、アボリジニが神の魚と呼ぶ魚だが、それは金色らしい

昼に釣ったから試してはいない



a0162707_2153446.jpg


筋肉の塊を覆う銀の鎧といった風貌

繋いでいた紐を外すと、ゆっくりと黒い水の中へ消えていった



a0162707_216071.jpg


(おまけ)

釣りは夜なので、日中はこの岩に張り付いている

また登れなかった・・・
[PR]
by satogie | 2015-11-17 21:01 | <釣行> | Comments(0)

Home on the range 3

a0162707_0564418.jpg


朝に消される前、一番最後の星



a0162707_0572670.jpg


高地の朝に訪れた、完全に平和な時間

この場にいれることは、なんて貴重で、なんて幸せなことだろうか



a0162707_0532311.jpg


御来光



a0162707_0584634.jpg


朝はト◯レも爽やかにする



a0162707_0592160.jpg


大量の水が必要になるので、汲みに来た



a0162707_0594286.jpg


湧水のある谷合は冷えるのか、霜がおりている



a0162707_10013.jpg


朝御飯

餅入り棒ラーメン最高!



a0162707_1013100.jpg


景色も最高



a0162707_103145.jpg


カメラは重量級だけど、持って来てよかった



a0162707_105245.jpg


去り難き、峠の我が家



a0162707_11184.jpg


みんな想いを飲み込み、それぞれに出発の準備



a0162707_113859.jpg


あれが当初、降りるはずだった稜線



a0162707_115883.jpg


これがこれから、降りる稜線



a0162707_1222100.jpg


雲の下へ



a0162707_123595.jpg


水色の空と暖色の世界


a0162707_13932.jpg


道はそこそこ険しいが、目は飽きない



a0162707_133319.jpg


秋はこれから、裾野へ広がっていくだろう



a0162707_134694.jpg


下山

HinokioのHを表現しているらしい



下山後、ホームシック(峠の家)になったのは、僕だけでは多分ないはず
[PR]
by satogie | 2015-11-15 00:54 | <登山> | Comments(0)

Home on the range 2

a0162707_21191650.jpg


山ではみんな早起き



a0162707_21194278.jpg


遠くても目立つ日本最高峰



a0162707_2120294.jpg


・・・



a0162707_21202384.jpg


明暗も立体的



a0162707_21204617.jpg


あの山は、まだ白い灰を被っている



a0162707_21205972.jpg


今日は稜線をひたすら南へ行く予定

まずは昨日遊んだ尖峰を越えていく



a0162707_21212663.jpg


やっぱりひと遊びしてから



a0162707_21214385.jpg


荷物が重い



a0162707_21215948.jpg


朝の澄んだ空気



a0162707_21222020.jpg


ふたたび山頂



a0162707_21163191.jpg


同じ跳躍は二度とない



a0162707_21224937.jpg


山頂を振り返る



a0162707_2123103.jpg


鎖より岩を信用



a0162707_21232979.jpg


ここからは稜線歩き

目指す、次の頂はまだ遥か



a0162707_21234534.jpg




a0162707_2124076.jpg




a0162707_21241457.jpg




a0162707_21244261.jpg


丁度、中間地点くらい

脇を降りたところに、小さな小屋が見える

ひとまず通過



a0162707_21253861.jpg


100kmマラソンの時の同士さんが、相方さんとあっという間に僕らを追い越していく

マラソンのスタート時にはわからなかったが、張り合ったらいけんお方だった



a0162707_2125822.jpg


しばらく行った所で、仲間の脚に異変発生

リーダーの迅速な判断で大事をとって、戻って今夜はさっきの小屋に泊まることにした



a0162707_21255955.jpg


まだお昼

そして食料は気合いを入れて持ってきている

水も近くで汲んで、さっそくみんなでお昼御飯を作る



a0162707_21261920.jpg


そしてたゆまず晩御飯を作るw



a0162707_21263279.jpg


お昼から夕暮れまで、ずっと御飯作って食べてお茶してたような・・

山の上でゴロゴロするという、一人なら気付けなかった、新しい幸せを見つけた
[PR]
by satogie | 2015-11-12 21:16 | <登山> | Comments(0)

Home on the range 1

a0162707_0272567.jpg


中央アルプスの尖鋒



a0162707_027483.jpg


あれは・・たぶんお立ち台ってことかな



a0162707_028811.jpg


雲の底の駒ヶ根市と、南アルプス



a0162707_0282660.jpg


今回の旅の愉快な仲間

全力で遊ぶ大人達



a0162707_0285145.jpg


まずは稜線の向こうの山小屋を目指す

山道はやや混雑



a0162707_029358.jpg


山小屋に荷物を置いて散策

100kmマラソンを見事完走した同士と山道の脇道で偶然、再会w



a0162707_030120.jpg


中央アルプス最高峰から見るキャンプ場



a0162707_03018100.jpg


リーダーに相談



a0162707_030434.jpg




a0162707_031874.jpg




a0162707_032437.jpg


ロッククライマー2人



a0162707_0322081.jpg


とりあえず



a0162707_0324569.jpg


とりあえず



a0162707_033290.jpg


隣の尖鋒まで散歩


a0162707_0253847.jpg


あのお立ち台に到着



a0162707_0333526.jpg




a0162707_0335694.jpg




a0162707_0342120.jpg


撮影風景



a0162707_0343974.jpg


山頂にて



a0162707_035422.jpg


みんなで来る山、なんて楽しいんだろう
[PR]
by satogie | 2015-11-04 00:25 | <登山> | Comments(0)

登攀(昨シーズンまとめ)

a0162707_23525248.jpg






初の初段 矢掛 "シシ神"






a0162707_23463252.jpg


よく通った備中長屋坂 "Flicker 5.11c" 登れず






a0162707_23534359.jpg


長屋坂 "Morisama 5.12a/b"








戸河内 "イタコローチ 1Q" 登れず








帝釈峡 花子岩 "花よりコルネ 5.12a"








日ノ御子 "岩屋大明神 1Q" この後完登








"TTTT 1Q"
[PR]
by satogie | 2015-11-03 23:46 | <クライミング> | Comments(0)