プランクトンのあしあと

Castle Hill Basin day2 (羊の国#2)

a0162707_0555555.jpg


今日も早起きに失敗

ゆっくり豪華な朝御飯を食べ、ゲストハウスの飼い豚や飼いパカにも食事をあげたりする

このまま一日、快適な宿でだらだらする旅も悪くないけど

ここは、岩の楽園のすぐそば



a0162707_0403872.jpg


Ocean "V6"

股が裂けそうになり敗退



a0162707_0411144.jpg


Phalanx "V7"

腰が砕けそうになり敗退



a0162707_0414481.jpg


Odyssey "V7"

何もできず敗退





Visions "V4"

オンサイト・トライ



a0162707_0423389.jpg


Quantum Fieldの中央部は広場のようになっている



a0162707_0431366.jpg


Smiley Face "V1" 課題になっているがなんとなく登っていない

赤い屋根のゲストハウスの名前は、Smylies



a0162707_043448.jpg


Fingers of Fury "V7"

飛びついて右にトラバース

行き止まって敗退





Small Balls "V6"



a0162707_0445782.jpg


右からキノコの笠の下のクラックを小部屋までトラバース、そこから直上がMilk "V4"

オンサイト成功

直登、2回マントルを返すのがCream "V5"



a0162707_0453212.jpg


この課題で地元の大学生3人とセッション

いろんな国から来てるみたいだった



a0162707_046845.jpg


手は掴めているようで掴めていない

どちらも最後はこの動きなので2度やった



a0162707_0463556.jpg


Think Tunk "V4"

引き続きセッション

バランシーな得意系



a0162707_047362.jpg


もういい時間なので、学生さん達は帰路に

しかし、まだまだ明るいから登れてしまう



a0162707_0473331.jpg


クラックからスタートする、Dominatrix "V5"

ヨレヨレになってきたところで、体幹を酷使するやつを





Run and Jump Slab "V2"

名前のまま



a0162707_0482372.jpg


BGMの音源



a0162707_0485665.jpg


週の後半に向け、南島に雨雲が迫っているよう

この岩の楽園を遠目に眺めるだけになる日もありそうだ

もう一つの目的、キングフィッシュの回遊する荒磯は島を渡り遥か遠く

日が近付くにつれ、国内線のチケット代金は鰻や鯉の勢いで上がっていく

短い旅、大移動するかどうか、よく悩まなければ
[PR]
# by satogie | 2016-01-29 00:49 | Comments(0)

Castle Hill Basin day1 (羊の国#1)

a0162707_20445295.jpg


冒険でも、探検でもないけれど

借りた日本車で羊群れる牧場を抜け、海を越えて名の知れた岩の楽園へ



a0162707_20452829.jpg


斜面に雪を残す山々が近付く頃、丘の上に奇岩が姿を現し始めた



a0162707_2046722.jpg


宿で借りたマットを背負って歩き出す

正面の丘はQuantum Field、その手前の左の丘はSpittle Hillと名前が付いている

この2つを含めた広大なボルダーエリア、またはこの地そのものをCastle Hillと呼ぶ



a0162707_20464538.jpg


Spittle Hill



a0162707_20473982.jpg


この岩の左側にAchilles Last Stand "V12"という課題がある

見る茸



a0162707_2048254.jpg


左下から直上すればDiablo "V8"、真ん中にいけば Cyclops Boulder "V5"

想像していたのとサイズ感がかなり違い、手が伸びない



a0162707_20491384.jpg


Purfume Bottleという名前のついた岩



a0162707_2049569.jpg


岩の左側面に、L'Air du Tempsというルートが引いてあるらしい

画像検索してみて納得した



a0162707_20503919.jpg


日本のそれとだいぶ形の違うボルト



a0162707_20512538.jpg


Beautiful Edges "V4"

ポリッシュされ倒しているのか、滑らないスタンスが無い



a0162707_20522188.jpg


その周囲を上から



a0162707_20531435.jpg


全く登れない

そして誰もいないし、向こうに見えるQuantum Fieldに逃亡することにした



a0162707_20535922.jpg


下のほうだけでやるDreamhouse Traverse "V6"という課題がある



a0162707_20544629.jpg


Quantum Fieldに分け入ると、小さな子供を抱いたドイツ人夫婦がこの課題をやっていた

大穴から出てきて縦スリットを目指す、Big Yellow Scoop Problem "V2"

これがCastle Hillに来て初の完登になった

聞けば2人は子供を連れて、3週間ほどこんな旅をしているらしい

それは非の打ち所のない幸せな家族、幸せな暮らしに思えた

そして、それを奇跡的なことのように感じるようになった自分と、暮らしている国について考えてしまった





Beautiful Layback "V3"



a0162707_2057386.jpg


「写真撮ってやる!」と観光客のおじさん

この奇岩の森は、観光地でもある

Lung Dyno "V4"



a0162707_205835.jpg


横から





苦手系だが、すごく幸せに、クライミングを好きになる課題



a0162707_20592099.jpg


左は穴1つでなんとかする、Cyclops "V5"という課題

オンサイトしてしまった・・

右はSlamdunk "V4"

たぶん、走って、飛んで、穴に・・



a0162707_2101432.jpg


どこでマントルを返そうか・・





ハードマントルのテストピースらしい、The Unrepeatable "V6"

オンサイト・トライ



a0162707_2112937.jpg


あのループをくぐって行くリードルートもあるらしい



a0162707_2121254.jpg


新郎新婦と牧師さんが3人だけでこちらの方に歩いてきたが、

ドレスの上にダウンみたいなのを着ているせいでまだそう見えない

サマータイムもあり、8時が近付いたというのにこの明るさ

そろそろ御馳走の待つ、宿に帰ろう



a0162707_20363650.jpg


違う形で来るかと思っていた、羊の国
[PR]
# by satogie | 2015-12-16 20:42 | Comments(0)